2007年09月22日

矢矧晴一郎氏のセミナーを受けてみた。20点。

 自己投資に使えそうなセミナーやら講演会にアンテナを張っているのですが、先日タイミングが合ったので矢矧晴一郎氏のセミナーを受けてみました。
 うーん、正直微妙。
 一言でいうと「ドクター中松っぽい」ですかねー。トンデモ臭というか。

 矢矧晴一郎氏はプロフィールからしてドクター中松っぽくて、富士銀から米国ボストンコンサルティンググループ入社、同日本法人を経て独立、多くの大企業をクライアントに持ち、通算200冊近く本を書いていたり、プログラミング言語が10だか20だか出来たり、楽器も10だか20だか演奏できて、3大学の図書館の全部の本を読破したとか、10ヶ国語が出来るとか、とにかくそんな感じ。

 弾ける楽器の数なんかは記事によって変動があり、クライアントの大手企業ってのも数字や規模感がプロフィールごとに変わっていたり。
 その割には「一社5000万円」というフィーだけは繰り返し紹介されたり。(規模や効果がバラバラなはずなので、金額だけ繰り返されるのはヘン)
 「2年間でハーバードとMITの蔵書数百万冊を読破」ってプロフィールもあって、この記述から少なく見て2校合計100万冊(当時はそうだと仮定。調べると現在、ハーバード大の蔵書数は1500万冊以上で世界第4位の規模)だとして、730日で読みきったなら1日1370冊の計算。で、24時間って1440分だよね。
 書いた本の数が通算200冊といいつつ、別のプロフィールでは毎月10冊出してるなんて書いてあって期間を考えると計算が合わなかったり。
(ドクター中松も、自分の発明の数が数年間増えてないことを指摘されてから毎年増やすようになったんだよな)

 Amazon で「矢矧晴一郎」で調べると確かに数はかかるけど、いわゆる仕事術とコンサルティング How to の他に、リブレット(5年くらい前の東芝のミニノートPC)の使い方とか VB Script(前に私が書いたみたいなWindowsのチマチマを自動化できるプログラミング言語)のチュートリアルとか、正直微妙。
 近藤典子が人生相談始めちゃうくらい微妙。(御立尚資や船川敦志や遠藤功が「今日から使えるW-ZERO3」なんて書いてたら萎えるだろー)
 Amazonで著書を「お勧め度」で並べ替えると、10位までで星3つに下がってるし…、本職のはずの「経営コンサルタントの技術」にいたっては最低評価で「ボスコン出身者がこんなゴミ書くわけない」とまで言われてる。

 77歳であの元気さはスゴいと思うけどなー。
 自慢話が好きなおじいちゃんって感じだ。

 個人的にさらに気になったのは造語が多いこと。
 別に新しい概念でもないのに、自分で変な熟語とか作っちゃう。
 これは「誰かに何かを伝え、動かす」っていうコンサルタントの仕事を考えると悪手。



 で、セミナーではアドバイスの実演ってのをやったんだけれど…すごくひっかかったのは2点かな。

 1つ目は言ってることとやってることが一致しない。
 「相談を聞く時は相手の挙動をよく観察しよう、微妙な目の動きから読めるものがある」といいつつ、相談の実演ではコトの原因として考えられるものを順番に挙げて「これか?あれじゃない?」と聞きながら、突然ペンで相談者を鋭く指しながら「これか」と。
 相手、ビクッとして止まっちゃったよ…。(苦笑)
 結局それが真因ということで話が進んだんだけど、あれじゃ何も読み取れやしない。

 2つ目は、そのアドバイスが的外れだった点。
 指差し確認(苦笑)とは別。何を目指すか、どうありたいのかを模索しアドバイスしてしまったんだけど、相談者は漠然と「今を改善したい」と感じていたのに、いつの間にか話題がすり替わっていた、と。
 これ、私もすり替わりに気づけず、他の受講生からの指摘で明らかになって相談者も「そうだったんだよ」みたいな顔になって。(ちゃんと観察してたよ俺)
 指摘した受講生のインサイトが素晴らしかったわ。


 まぁ、こんな感じででも普段と違う場に行けばそれなりに大小様々な学びのタネは転がってるもんだね、ということで…。
 なお、セミナーにいくら使ったかは言えません。シャレにならないから。
posted by しまけん at 12:25 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
ずいぶん前にコメントいただき、返信していませんでした。お詫び申し上げます。

矢矧さんのセミナーについての評価は
☆☆ですね。

マーケティングに関する分析手法を書いた
書籍は(確か5000円くらい)参考になりました。
※セミナー限定販売

あの日記は、私のセミナー仲間の紹介が中心でしたね。

しまけんさんのブログ、初めて読ませていただきました。読者が共感を覚える文章はとてもいいですね。

また寄らせて頂きます。

Posted by セイさん at 2009年07月08日 09:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56596697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

大事なことは「30秒」で話せる
Excerpt: (矢矧 晴一郎) ヤハギ先生のエピソード集。自己啓発本として読むとがっかりするが、ヤハギ先生のエピソード本として読むとかなりおもしろい。途中ヤハギ先生が76歳だという記載があり、想像しながらいろんな..
Weblog: よろづBooks
Tracked: 2012-05-09 20:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。