2010年04月18日

起点に立つ

TechWaveはジャーナリズムではありません
 TechWaveはブログメディアである。報道機関ではない。既存のジャーナリズムの形を追求しているわけではないのだ。TechWaveに対する Twitter上での反応を見ていると、TechWaveを既存ジャーナリズムのようなもののようにみなしている人がいるので、はっきりと宣言しておきたい。われわれは”ジャーナリズム”ではありません。

 われわれの言論活動と既存のジャーナリズムとの違いは、われわれの記事は起点であるのに対し、既存ジャーナリズムの記事は終点である、ということだ。
 あー、うん、Web 2.0 って言葉が(かつての「マルチメディア」同様に)時代の空気に溶けていった今、新興系というかクラウド系メディアの感覚ってなんかモヤッとしてたけど、ズバリ言い表してくれててすごいスッキリした。

 SBM や buzztter で波を察知し、ust や twitter で体験を共有していく感覚。
 そうなんだよね、起点なんだよね。これが「時代のエッジ」とかいう言葉になると一気に陳腐になる。

 てなわけで?
 今更ながら Java と JavaScript 勉強中。
 仕事でクラウド関連の開発に関わるついでに、Geek のまねごとをして「起点」の何かを作りたいな、なんて思ってみた。
posted by しまけん at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146955373
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。